気温ではなく晴れの日が多い地域が有利

暑過ぎる地域はあまり良いことではなく、実際は北海道と沖縄で発電量に大差は無いのです。
つまり極端に暑ければ太陽光発電の効果がアップするという問題でもないワケです。日本の場合ですと、太陽光発電を設置するのにちょうど適した場所が静岡県や愛知県と言われています。
安定的に温かいエリアであり、晴れが多い地域ということで発電量が多くなっているのです。
これからの世界は恐ろしい原子力から卒業し、自然の力を最大限利用した電力事情が求められてくることでしょう。
人類の力では原子力の暴走を抑えることが不可能であることから太陽光発電の導入が加速しているのです。
太陽光発電は当たり前のことですが太陽の光を利用することによって電気を作ります。
このことから南の地方へ行けば行くほど発電量が多くなると考えてしまいますが決してそういうワケではないのです。

 



気温ではなく晴れの日が多い地域が有利ブログ:07-1-20

女性の「痩せ願望」は根強いですが、
多くの女性は「痩せ過ぎ」を目標にしていて、
減量に失敗することが多いようです。

これは鏡の中の自分を確認し、
体質のラインを把握していない為で、
自分の体質に不満があるとすれば、
筋肉の量が足りていないということがわかると思います。

ウエストの脂肪は、腹筋がなければ凹みませんし、
実際、体重を減らさなければならないほど太り過ぎの方は
それほど多くありません。

減量をする上で、あたくしが提案したいのは、
体重計よりも全身が映る鏡で体質をチェックすることと、
ベストサイズだった頃のデニムを
スムーズに履けるかどうかを確認することです。

デニムも伸び縮みしない素材で確認し、
鏡は日々見ることをお勧めします。

極度の肥満から、
美しい体質のラインと、健康的な体重に戻した
女優のエリザベス・テイラーは
「体重計よりも鏡をみて判断しなさい」と言っています。

エリザベス・テイラーも最初は、
とにかく体重を減らすことを目的に
減量していましたが、
あと数キロで適正体重になれるという時に、
過度の食事制限を行っても、体重が減らなかったそうです。

その当時のパートナーは、
その時の彼女をショッピングに連れて行き、
2キロの肉を彼女に持たせ、
「これだけの体重を減らしたのに、まだ痩せたいの?」と言ったそうです。

その時、彼女は鏡を見て、
自分の体質がベストに戻ったと納得したそうです。

本当の減量に成功したエリザベス・テイラーは、
今までは周りばかりを意識していて、
自分の為に減量をしたことがなかったと悟ったんだそうです。