気温ではなく晴れの日が多い地域が有利

暑過ぎる地域はあまり良いことではなく、実際は北海道と沖縄で発電量に大差は無いのです。
つまり極端に暑ければ太陽光発電の効果がアップするという問題でもないワケです。日本の場合ですと、太陽光発電を設置するのにちょうど適した場所が静岡県や愛知県と言われています。
安定的に温かいエリアであり、晴れが多い地域ということで発電量が多くなっているのです。
これからの世界は恐ろしい原子力から卒業し、自然の力を最大限利用した電力事情が求められてくることでしょう。
人類の力では原子力の暴走を抑えることが不可能であることから太陽光発電の導入が加速しているのです。
太陽光発電は当たり前のことですが太陽の光を利用することによって電気を作ります。
このことから南の地方へ行けば行くほど発電量が多くなると考えてしまいますが決してそういうワケではないのです。

 



気温ではなく晴れの日が多い地域が有利ブログ:23-6-20

奥さんが主人に弁当を作らず、
お昼食を外食で済ますようにした場合、
主人にはコンビニ弁当でお昼食を済ますようなことを
させてはいけない。

コンビニ弁当を食べると
確実に太ってしまうからである。

年齢的にも、
中年太りをしやすい時期に差し掛かっているので、
わざわざ主人を肥満にさせるような食べる事を
とらせるべきではない。

なぜ
コンビニ弁当は太るのかというと、
栄養バランスが崩れているからである。

人間は栄養バランスの取れた食べる事をしている限り、
そんなに太らない…

それなのに厄介なのが、
人間は栄養バランスが崩れた食べる事をすると、
それが美味しいと思ってしまう奇妙な動物なのである。

だからコンビニ弁当を食べると美味しいと思ってしまい、
それを延々と食べ続けることになるのだ。

しかもコンビニ弁当では
ライスにサラダ油がまぶしてある。

ライスにサラダ油をまぶすと、
艶があるように見えて見栄えがいいし、
しかも防腐剤がわりになるので、弁当が腐りにくくなるのだ。

しかしその代償こそ肥満なのであって、
ライスにサラダ油をミックスさせると、
消化吸収が遅れるために、非常に太りやすくなるのだ。

これはチャーハンが太るのと同じメカニズム。
チャーハンの場合は火力で油を飛ばしているので、まだ弊害は少ないが、
コンビニ弁当のように意図的にサラダ油をまぶしていると、
その弊害は非常に大きいのである。

だから、 
主人にはきちんと食べる事処で
食べる事をするように言っておくべきなのである。

お昼食代を渡してそれで終わりなのではなく、
夫婦の会話の中で
一体どんなお昼食を食べたのか訊き出すべきであって、
きちんと食べているのか確認すべきなのである。