助成金について自分の自治体に確認をしておこう

助成金について自分の自治体に確認をしておこう


助成金について自分の自治体に確認をしておこう
助成金制度で東京都を例にしますと、助成金の申請は太陽光発電の工事が完了してシステムの稼働開始後となります。
ですからJ-PECへの申込が受理されなかったとしても、自治体助成金の申請には間に合うことがあります。国の助成金制度とは違い太陽光発電システム以外にエコキュートなどもあります。
またその他の省エネ設備と一緒に設置しなければ助成金制度を受けることの出来ない自治体もありますのでご注意ください。
続々と太陽光発電が導入されつつあり、多くの企業が社会貢献活動に力を入れています。
地球環境という大きな貢献に企業のイメージアップ、そしてそれが収益にも大きく影響を与えることでしょう。
地方の自治体でも太陽光発電の助成金制度が実施されてきていますが、全ての自治体で実施をしているワケではありません。
まずは国の導入助成枠が無くなってしまった際には、自治体で申請可能な助成制度が無いかを事前に確認しておきましょう。





助成金について自分の自治体に確認をしておこうブログ:30-10-20

ぼくのお母さんや祖母は、
すごく料理が好きでした。

お菓子はいつもお母さんの手作りで、
好物と言えば、最も古い記憶にあるのはマドレーヌ。
当時にしてはとてもモダンなお菓子だったと思います。

もっと驚くのは、
お母さんにとっての「おふくろの味」が
タンシチューであったこと。

お母さんの時代でさえ店頭には今みたいな薄切りのタンはなく、
一本丸ごと注文して
ずんどう鍋でコトコト煮ていたのですから、
祖母の時代はなおさらのことだったと思います。

お母さんも生クリームを
牛乳屋さんと交渉して手に入れていたとよく自慢していました。

しょっちゅうお母さんが作ってくれた料理は
ジャガイモの「ニョッキ」。

大きくなってから
本場イタリアンのニョッキとは全然形が違うことを知って、
びっくりしました。

ぼくの頭の中では
ニョッキといえば白玉団子のように円盤形でした。

どこで作り方を知ったのかお母さんも覚えていないのですが、
あれのルーツを知りたいと今も思っているんです。

もう1つお菓子で大好きなのがシュークリーム。

お母さんに教わってよく作っていたのですが、
息子の頃、どうしてもショートケーキくらいの
特大シュークリームを作りたくて挑戦し、
大失敗したことがありました。

その時は機械を使わず、
人の手で生地に混ぜこめる卵の量に
限界があるなんて知らなかったんです。

卵がなかなか入らず、
ついにはすり鉢やスリコギまで登場…
結局、ふくらんだと思ったらペコっと落ちてへこんでしまい、
これには息子ながらに大ショック!

自信満々だっただけに、
今でもその経験はトラウマになっているほどです。

助成金について自分の自治体に確認をしておこう

助成金について自分の自治体に確認をしておこう

★メニュー

助成金について自分の自治体に確認をしておこう
太陽光発電はオーダーメイド商品と考えよう
優良会社を紹介している一括見積もりサイトを利用しよう
気温ではなく晴れの日が多い地域が有利
訪問販売ではなくインターネットを利用しよう
太陽電池を利用して発電する太陽光発電
太陽光発電の電力確保量はケースバイケース
国が実施している太陽光発電の普及支援
投資として太陽光発電を考える
最近になって太陽光発電の設置費用が低下


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電で決まる!要チェック情報サイト