投資として太陽光発電を考える

投資として太陽光発電を考える


投資として太陽光発電を考える
太陽光発電は設置をした時の売電価格がその後における売電価格になります。
現在ではその売電価格が従来よりも高めに設定されていますので、投資と考えた時のメリットが高くなっているのです。補助金や価格競争などといったことから、太陽光発電導入時の金額負担が非常に低下してきています。
一昔前は200万円代でしたが現在は150万円前後が主流となっており、投資としては効果的なのです。
今の世の中に再生可能エネルギーは絶対に必要であり、多くのご家庭で太陽光発電の設置を検討していることでしょう。
太陽光発電の設置によって様々なメリットを実感することが出来るのです。
最近では太陽光発電システムjを自宅ではない場所へ設置し発電をしている人が多くいます。
これはつまり売電だけを目的とした投資となり、長期的に収益を出していくこととなります。





投資として太陽光発電を考えるブログ:23-10-20

1週間ほど前、別れた主人の家に久しぶりに行きました。
とは言っても、元主人に会うためではなく、
まだ残っていた荷物を取りに行っただけですが…

家を出る準備を始めたのが、1996年の終わりごろ。
家を出たのが、97年の春。

1年半くらいの時間がわしには必要で…
つまり、元主人からの連絡を実は待ちながら、
業を煮やし離婚の調停を始めたのが、98年8月。
あれよあれよ…と離婚が決定したのが、その年の12月16日。

家を出ようとしてから、丸2年もあったのに、
そしてそれからも10年以上の時間が経っているのに、
まだ置いているものがありました。

それは、結婚前にわしが集めていたレコードや書籍、
そして、元主人が結婚してから買ってくれた何着かの洋服やバッグ、
お母さんが持たせてくれたお雛様、わしの子供時代のアルバム…など。

いずれにせよ、
そんな全てを精算しなければいけないことが、
いつかは来るわけで…

とは言うものの、
捨ててくれているとずっと思っていたのもあるんですが、
今回、元主人の事情で、
共に住んでいたマンションを引き払うことになったのです。

なので、残っている荷物をこの手でばっさりと…と、
むすこを伴い、家を留守にしてもらって荷物を取りにいきました。
取りに行くというより、完全撤収という感じ。

でも
色んなところを見るのが嫌で、
元主人にお願いしても、
なかなかしてもらえなかったことには事情もあるし、
それ以上に苦しかったのは、向き合ってもらえなかったこと…

ドアを開けたら、
そんな感情が一気に胸に飛び込んできたようで、
わしは涙が止まらなくなってしまいました。

一緒に来ていたむすこは、見ないふりしてくれたけど…

投資として太陽光発電を考える

投資として太陽光発電を考える

★メニュー

助成金について自分の自治体に確認をしておこう
太陽光発電はオーダーメイド商品と考えよう
優良会社を紹介している一括見積もりサイトを利用しよう
気温ではなく晴れの日が多い地域が有利
訪問販売ではなくインターネットを利用しよう
太陽電池を利用して発電する太陽光発電
太陽光発電の電力確保量はケースバイケース
国が実施している太陽光発電の普及支援
投資として太陽光発電を考える
最近になって太陽光発電の設置費用が低下


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電で決まる!要チェック情報サイト